COLLABORATION①

ウェルネスビズ × 3匹のポジット

「子供たちと3匹のポジット」を紹介します

「子供たちと3匹のポジット」プレゼンテーション

 "専業主婦"も"働くママ"悩んでいるのが「子供の勉強 VS ゲーム」への対応方法ではないでしょうか!?「ゲームは時間を決めてやっているから、うちの子供は大丈夫!私の言うこともすぐに聞いてくれるから」このように、子供のゲーム対応で悩みやストレスがないママは少ないのが現実。では、どうしたらいいのか?
 
 この大問題を解決してくれるのが、「ポジティブチケット(善行切符)」です。カナダのリッチモンド警察が青少年犯罪を減らすために逆転の発想で取組んだのがコレ。悪いことをした子供を捕まえるのではなく、いいことをした子供(例えば、ゴミを投げ捨てずゴミ箱に捨てる。バイクに乗るときはヘルメットをかぶる等ささやかな善行をした子供)を捕まえてポジティブチケットを切る。このチケットは罰金を取るのではなく、映画館やコミュニティセンターへ無料で入場できる引換券として使えるもの。このような取り組みによって、少年の再犯率が60%から8%へと減ったそうです。
 
 このポジティブチケットを、「3匹のポジットキャラクター」と共に、「子供の勉強 VS ゲーム」の解決策として応用しました。"専業主婦"も"働くママ"も、思い通りにならなかったイライラから開放され、自分のやりたいことに時間を費やすことが出来るようになったら嬉しいと思いませんか?
 
 こちらのプレゼンテーションをご覧ください!!

導入効果はこちら!Before&Afterをご確認ください!

(1)長男(4年生)の結果
 長男は勉強が苦手ではないのですが、ゲームが大好きで家の中では隙あらばゲームやYouTubeをやろうとして、常にママの叱る声が響いていました。
 
 ポジット導入後の1週目は、まさかの借金ポジットが発行されて最悪の結果でしたが、次の週、その次の週になるにつれてどんどん改善。今では、ゲーム時間も約半分に減少し、勉強や読書の時間が3倍以上に増加しました。


(2)長女(2年生)の結果
  長女はゲームはやらないのですが、 YouTubeを見るのが大好き。次女と一緒に目が悪くなるんじゃないかと心配になるくらい小さな画面を見ていました。
 
 ポジット導入後は、お小遣いが貯まることに喜びを覚え、とにかく 給料ポジットをなるべく使わないようにして、 少しずつ勉強や読書をしてボーナスポジットを貯めていく作戦で貯金をするようになりました。

  兄弟でポジットの使い方はそれぞれですが、 面白いように改善していったのが印象的です。

(3)おまけ(次女、3歳)
3歳の次女もポジットに参加。まだオムツが取れないのでトイレに行けたらボーナスポジット!というルールで運用してます。


「3匹のポジット」登場キャラクターのご紹介

給料ポジットの「サラリーロくん」、ボーナスポジットの「スナーボーちゃん」、借金ポジットの「デットン」は、ポジティブ・チケットの妖精で子供たちを「勉強や読書」を率先してやる子に変える力を持っています。背中から生えた4枚の羽根で飛ぶことができるので、世界中の子供たちのもとに行くことができます。2本の足に見えるのは、風で飛ばされないための重りになっていて、チケットを運ぶ手の役割もあります。それでは、あなたも3匹のポジットと一緒にポジティブ・チケット制度を運用してみませんか?

3匹のポジット「運用開始フルセット」を無料ダウンロードすることができます!